2021年最新投資ビジネス紹介ブログ

タップアンドクリック(タプクリ)って何?仮想通貨FXを利用した2021年最新投資ビジネス!

ネットショップ運営者必見 カゴ落ちを改善するテクニック

time 2021/03/15

ネットショップ経営で困るのがカゴ落ちです。
カゴ落ちとはお客さんがカートの中に商品を入れたにも関わらずに結局は買わずに終わる事をいいます。

では、カゴ落ちを改善できる策について知りましょう。

フォームの入力の負担をかけないようにする

購入画面のフォームはできるだけシンプルなものにしておきます。フォームに入力する事が多いとユーザーに負担になりめんどくさい印象を与えてしまうのです。ユーザーが手動入力する項目はできるだけ少なくしてあげる事が大事です。自動で情報が入力できるようなサービスを使う手もあります。

金額を教えてあげる事が親切

最終的に支払う金額がいくらになるのか教えてあげましょう。購入画面に進む前に知らせてあげる方がいいです。商品の紹介画面で見た時には魅力がある商品でも、購入画面になった時に送料など予想外の費用がかかると買う事をやめる人も少なくありません。

お客さんに安心感を与える事が重要

個人情報を取り扱う事になるネットショップにおいてお客さんに安心感を与える事ができるかがカギになります。購入する前にセキュリティの面で不安がある場合は購入しない人が少なくありません。

セキュリティロゴがあるだけでお客さんは安心感を感じる事ができるのです。

クーポン割引などの表示を明記にする

クーポンなどのディスカウントがある時には、元の金額からどの程度割引されたのか、明記しておくといいです。その事でお客さんにお得感を感じてもらえるからです。

疑問点を解決してあげる

Q&Aを設ける事も効果的です。お問い合わせフォームやQ&Aをホームページ下の部分に設ける事も有効的です。お客さんが疑問に思う事を解決できると安心して購入してくれることが多くなります。

購入後の対応についても明記しておく

商品を買った後にどのようなサポートを受ける事ができるのか、明記しておく事も有効です。ネットショップは実店舗と違い商品を手にして買う事ができません。もしもイメージと違う商品がきたら困ると考えているお客さんも多いのです。

対策としてキャンセル料の事や返品などについてどのような対応をしているのか明記しておくとお客さんは安心できます。

再び購入を促してみる

カゴ落ちした商品をもう一度お客さんにお知らせしたら、今度は買うかもしれません。広告などで商品がお客さんが目にできるように工夫しましょう。

まとめ

カゴ落ちが起こる理由はどのようなところにあるのか知り、対策をしっかりとやりましょう。購入まで繋げる工夫が必要なのです。