2021年最新投資ビジネス紹介ブログ

タップアンドクリック(タプクリ)って何?仮想通貨FXを利用した2021年最新投資ビジネス!

仮想通貨で自動車が買えるプログラムの登場

time 2021/05/01

2021年現在仮想通貨を購入して利益を得る副業がありますが、仮想通貨を現金のように使用して物品を購入するサービスが登場しています。

それは、自動車産業で、自動車を仮想通貨で購入することが出来るようになったのです。これは、テスラモーターが自社が販売する自動車を購入できるとしたのが貨を購入して利益を得る副業がありますが、仮想通貨を現金のように使用して物品を購入するサービスが登場しています。
それは、自動車産業で、自動車を仮想通貨で購入することが出来るようになったのです。これは、テスラモーターが自社が販売する自動車を購入できるとしたのが2021年に開始された仮想通貨現金化サービスで購入できるとしたものです。

しかし、実は自動車自体を仮想通貨で購入を可能としているのは2017年にすでに自動車販売店、アイスブレインが中古自動車の購買に仮想通貨を現金として扱い購入を可能とするというサービスを実地しているのです。
今回の2021年のテスラの取り組みは新車の購入を可能としたもので仮想通貨を新車の購入に現金とすることが出来るとしたわけです。

では、何故、その他の企業が仮想通貨での購入をやり取りしないのかですが、これはおそらくですが、新車となれば原価が必ずしも仮想通貨の価格と釣り合わないとみている可能性が高いです。
たとえば、仮想通貨の市場が高い場合、新車価格は仮想通貨の相場に合わせますが仮想通貨側に主導権があるため、自動車側の価格を合わせるにはかなり難しい対応がとられるため参入をしないのだと思います。

ですが、中古車となれば話は別でおそらく中古車の場合、原価を抑えて販売することが可能であるため中古取引時に買い手が安く商品を仕入れ高く販売することが出来るのが中古販売であるため、仮想塚が高値になろうと安値になろうと中古価格を抑えて購入出来れば仮想通貨で支払ってもらおうと利害を得ないということで、仮想通貨での支払いを中古車販売店は可能としていると推測します。

一方でテスラの場合、新車ですが自動車自体が仮想通貨の影響を受けて製造されており、投資を受けた形で自動車を販売しているため、仮想通貨とともにあるのがテスラ社です。
つまり、実質テスラ社は仮想通貨の影響を元々受ける会社であるが故、それだったら仮想通貨の価値を高めて自社の影響をプラスにする方が良いと考えたのではないかと推測します。
この考えであれば利点は仮想通貨の価値が上がれば自社の価値も上がるためテスラは自社の価値を高めるには仮想通貨の価値を高める必要があるため、結論においては仮想通貨での支払いを可能とすることで自社の価値が上がると判断したと結論付けます。